FC2ブログ

劇場版公開まであと35日~拝啓スタッフ様

『 拝啓

 「たまゆら」という作品に関連して、アニメシリーズでは心温まる物語を見せていただき、今日をはじめとして多数のイベントを企画して私たちを楽しませていただき、大変感謝しております。

 さて、今日はスタッフ様にお願いがありましてこのようなお手紙を認めました。公式ホームページ上で今日のイベントの質問をメールで募っていた時にメールでお願いしようとも考えましたが、手紙という形のほうが、私の思いがより伝わると考えました。大変迷惑かもしれませんがお許しください。

 お願いというのは、劇場版の最終章のEDテロップの抽選に漏れた人の扱いです。この方たちをBlu-rayの映像特典として紹介してほしいのです。

 「たまゆら」という作品はスタッフさんと、竹原市と、そしてファンの応援があってここまで来れたと思います。そんなファンが、この作品を支えた一員の証として最終章ラストのテロップに名前を連ねたいと考えて応募してくると思われます。今回は500人だけということですが、落選したからと言って作品への思いが薄いわけじゃないはずです。むしろ、応募してくれることこそが作品への思いの表れだと考えます。そういう人の思いを大事にしてほしいのです。落選したらそれまでというのはあまりにも寂しすぎます。テロップという形ではその思いを持つ人を紹介しきれないのであれば、別の方法で紹介することで、落選した人たとの思いを伝えていただきたいのです。そのファンに支えられた作品だから。

 平成19年に「CODE-E」という作品がありました。その作品においてもファンに感謝するという意味を込めて、DVDの第1,2巻で「恩返しキャンペーン」という企画を実施し、最終巻で応募者全員の名前を主役声優さんが読み上げるという特典映像を収録していました。

 「たまゆら」でもこれと同じことができないでしょうか?応募者のうち、テロップに載らなかった人のお名前を、声優さんたちが読み上げていくわけです。もちろん、映像特典として、卒業写真の名場面を見せながら画面の端のほうでテロップを流す形の紹介方法も考えられると思います。しかし、できれば、声優さんにファンのお名前を読んでいただきたいです。ファンとしては声優さんに自分の名前を読んでもらえることは何よりうれしいことですし、声優さんとしても、多くのファンに支えられているということが実感できるいい機会になるのでは、と考えます。

 「たまゆら」という作品も終着点が見えてきて、企画やイベントも残り少なくなっています。最終盤ではありますが、ファンのみんなの熱い思いを伝えてはいただけませんでしょうか?劇場限定版Blu-rayのほうだけの限定特典という形でも構いませんのでご検討いただければ幸いです。最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。 敬具』


 突然、手紙のブログになってしまいましたが、この手紙を、イベント当日に何らかの形でスタッフさんに渡したいと考えています。まあ、半分は自分のためでもあるのですが・・・・・・。テロップ紹介のほう、落選したらハイそれまでよ、じゃ、悲しいですもの。応募したということは、それなりに「たまゆら」という作品にかかわったからこそテロップに載りたい、という思いがあるわけで、それを大事にしてもらいたいと思っています。さて、結末がどうなるか。分かりませんが、行動を起こさなければ始まりません。これもぽってに教わりました。ぽってが志保美さんに写真を思い切って送ったことで、その後の世界がすごく広いものになっていきました。とりあえず、手紙という形で行動に起こしていきたいと思います。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

06 | 2020/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

あずき色時代

Author:あずき色時代
アニメ「たまゆら」の
魅力を紹介します。
その他お勧めする
作品も紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる